ウラシマソウの花

ウラシマソウが花を咲かせました。
「花を咲かせた・・・」という表現が、あまりしっくりこないのは、花びらがなく、褐色の「仏炎苞(ぶつえんほう)」に包まれているからでしょう。
この中に、花の集まりである「肉穂花序」(にくすいかじょ)が、隠れているのです。
IMG_5660.jpg

これが浦島太郎の釣り糸です。
ちょっと分かりにくいのですが・・・、かなり長くヒゲが伸びています。
その長さは、50cm近くもありました。
何のためにこんなに長い釣り糸を垂れているのか・・・、不思議です。
IMG_5662.jpg

「苞」の中をのぞき込んでみましたが、奥までは見ることができませんでした。
ウラシマソウの花にやってくる花粉の運び屋は、キノコバエショウジョウバエ
小さなハエなら、この狭い隙間にも入り込むことができるのですね。
IMG_5661.jpg IMG_5666.jpg

ウラシマソウは、雄花の株と、雌花の株に分かれているので、ハエが花から花へ移動することによって、花粉が運ばれるんだそうですよ。
ウラシマソウ受粉

一見、毒毒しい植物ですが、その形も生き方も独特な、個性あふれる植物ですね・・・。
一昨日のつづき・・・ウラシマソウの雌花 | Home | 孟宗竹のタケノコ