NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

畦に咲く盆の花  

水田の畦に、濃い赤紫色の花が遠くからでもよく目立つ。
ミソハギの花である。
畦の雑草は刈り取られているのに、ミソハギだけがきれいに残されている。
別名「盆花」とも呼ばるミソハギ。
お盆に仏前に供えられる花だから、大切にされているのだろう。
IMG_8524.jpg

旧盆の時期に咲くミソハギは、祭事の供物を清める意味から禊萩(ミソギハギ)、それが転じてミソハギになったとされる。
IMG_8527.jpg

普通、赤紫色の6弁の花を咲かせる。
花のタイプには3つある。
・長花柱花・・・雌しべが長く突き出ている。
・中花柱花・・・雌しべは突き出てないが、柱頭が見える。
・短花柱花・・・雌しべが短く奥に隠れて見えない。

これは、長花柱花タイプ。
長い雌しべの柱頭が見える。
DSC02529.jpg

短花柱花タイプは、2種類の雄しべが計12本。
雌しべは見えない。
IMG_8526.jpg
花のタイプがいろいろあるのは、自家受粉を防ぐためと考えられる。
これまでも、自家受粉しないための工夫をしている花をたくさん見てきた。
花は、単にきれいに咲き、受粉者の昆虫に花粉を運んでもらうだけでは不十分・・・。
次の世代を確実に残すために、人知れぬ苦労をしているわけである。

2015/07/22 Wed. 21:06 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

検索フォーム

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

檀林古民家

居眠りガエル

我が家の新しい仲間タヌキ

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。