NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

庭のカタツムリの仲間たち  

梅雨の季節、草の葉の上をゆっくり歩いているカタツムリによく出会う。
これまでカタツムリはカタツムリとしか思ってなかった・・・。
いやいや奥が深い。
地域によって種の分化が多様であり、その種類は驚くほど多い。
都市化によって減少する種もあれば、外来種として増えている種もある・・・。

ミスジマイマイ
いつも見かけるカタツムリといったら、これかな!
関東地方で普通に観察できるカタツムリである。
直径が3~4cmの比較的大きた右巻きの殻を持つ。
模様にはいろいろなタイプがあり、これは三本の筋が見られないタイプ。
IMG_8110.jpg

ニッポンマイマイ
「日本」のカタツムリの代表選手のような名前なのに、その存在を初めて知った。
殻の形が円錐形なのでわかりやすく、大きさは約2cmの中型。
本州に広く分布しているという。
IMG_8243.jpg

コハクオナジマイマイ
もともとは九州地方に生息していたカタツムリだが、千葉県を中心に分布を広げている。
殻の中心部は緑がかった黄色。
これは殻の色ではなく、中身の内臓が透けて見えているのだとか。
透き通る美しさからは想像できない繁殖力で、房総から北上中の国内外来種である。
IMG_8205.jpg

キセルガイの仲間。
日本に生息するキセルガイは100種類以上いて、見分けるのが難しい・・・。
ヒカリギセルかな?と思うが自信がない。
IMG_8216.jpg

カタツムリの仔(種は不明)
DSC01977.jpg

カタツムリのオブジェ
ニッポンマイマイ風
DSC02055.jpg

2015/07/18 Sat. 18:03 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

検索フォーム

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

檀林古民家

居眠りガエル

我が家の新しい仲間タヌキ

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。