NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

紫色の花2種  

庭のムラサキツユクサが花をつけた。
北米原産の園芸植物が野生化したものである。
一つの花は一日しか咲かないが、たくさんのつぼみがあって、次々と花開く。
IMG_6692.jpg

雄しべの周りに、細かい紫色の毛のようなものがある。
この細い毛は一つ一つの細胞が縦につながってできており、顕微鏡で植物細胞を観察するには最適の素材である。
細胞の中の「原形質流動」も確認できるため、理科の教材にはもってこい。
IMG_6692a.jpg

ニワゼキショウ
ムラサキ色タイプと、白色タイプがあり、混在して咲いている。
漢字で「庭石菖」と書くとおり、ショウブ(菖蒲)の仲間のアヤメ科である。
IMG_6722.jpg

明治時代に北アメリカより渡来した帰化植物で、今やどこにでも咲いている。
IMG_6724.jpg

紫色のラインに沿って、昆虫が花の中に誘導されるのだろう。
花の中央に黄色く見えるのは、3つに分かれた雌しべの柱頭と、3つの雄しべの葯である。
小さな隙間に侵入する花粉の媒介者は、どんな虫なのか?
気をつけて観察してみよう!
dada.jpg

2015/05/14 Thu. 20:30 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

検索フォーム

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

檀林古民家

居眠りガエル

我が家の新しい仲間タヌキ

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。