NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

この冬、出会った野鳥たち②  

コハクチョウ
 毎年、匝瑳市のお隣の東庄町に、多数飛来する冬の使者。
aassa-IMG_2501.jpg

ツグミ
 凍てつく耕地で、丸々としたツグミが餌を探して歩き回っていました。
assa-IMG_2708.jpg
スポンサーサイト

2018/02/28 Wed. 20:16 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

この冬、出会った野鳥たち①  


ノスリ

通勤途中の朝、
西空に沈みかける月をバックに猛禽ノスリが休んでいました。
assa-IMG_2282.jpg

2018/02/27 Tue. 20:44 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

茶箱の再生  


リサイクルショップで、古い茶箱を買ってきました。
値段は、格安の200円。
IMG_4525aaaa.jpg

電動のベルトサンダーを使って、板の表面をきれいに磨きました。
IMG_4535dddddd.jpg

濃いブラウンのペンキで塗装して・・・、
縁には黒いガムテープを貼って・・・、
IMG_4538dddddd.jpg

なかなか格好良く、蘇りました。
IMG_4543ddddd.jpg
さて、何を入れて使おうかな?

2018/02/26 Mon. 22:00 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: --

探していた”掩体壕”を発見  


「掩体壕」(えんたいごう)とは、太平洋戦争の時、零戦などの航空機を空襲から守るために作られた”かまぼこ形”の建造物のことです。
戦争当時、ここ匝瑳市と旭市にまたがる地域には「香取航空基地」があって、付近にはたくさんの掩体壕が作られたそうです。
コンクリート製の掩体壕は、25基建てられ、今は、そのうち5基しか残っていないそうです・・・。
IMG_4679dddd.jpg

”戦争遺跡”として、人知れず残されている掩体壕。
これまで、3基を確認していましたが、あと2つの掩体壕がどこにあるのか?はっきり分かりませんでした。
そして、本日、1基を探し出しました!
IMG_4681fffff.jpg

これは、航空機が入るほどの大きさはなく、物資を入れておくための格納庫として使われていたと考えられます。
IMG_4684sssss.jpg

残りのあと1基は、どこにあるのでしょうね?

2018/02/25 Sun. 18:39 [edit]

category: 匝瑳市内(近隣)探訪

tb: --   cm: --

今年も産んだ!  

の池を覗くと
IMG_4661asas.jpg 

年も、ありました。
IMG_4660sasa.jpg 

トウキョウサンショウウオ卵塊が産みつけられていました。
IMG_4659asas.jpg 

2018/02/24 Sat. 22:39 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

検索フォーム

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

檀林古民家

居眠りガエル

我が家の新しい仲間タヌキ

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。