NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

ショウガ科のホワイトジンジャー  


散歩道でジンジャーの花を見つけました。
その名を、ジンジャー・リリーとも、花縮砂(ハナシュクシャ)とも言われます。
黄色やオレンジ色の花をつける種類もあるようですが、これは真っ白なのでホワイトジンジャーとも呼ばれます。
IMG_0703xxx.jpg

白い大きな花びらは、白い蝶々のような可憐な花姿です。
とっても甘い、強い香りを放っていました。
IMG_0706xxx.jpg

花が開ききる前のは、このような筒状の形をしています。
ホワイトジンジャーはとても香りの良い花なので、南国ハワイではレイの材料になります。
しかも、の状態でレイに使われるそうです。
IMG_0713xxx.jpg IMG_0714xxx.jpg

蕾の傍らに、シュレーゲルアオガエルが昼寝をしていました。
「記念写真を撮らせてね~」
IMG_0707xxx.jpg

ジンジャーの葉は、ミョウガの葉っぱによく似ています。
どちらも、ショウガ科の植物で、同じ仲間ですからね・・・。
IMG_0711xxx.jpg

ちょうどよく、近くの畑にミョウガの花も咲いていました。
派手で目立ちたがり屋のホワイトジンジャーとは対照的に・・・、
地面の近くに、ひっそりと・・・、目立たない性格の花です。
IMG_0723xxx.jpg IMG_0724xxx.jpg

2017/09/27 Wed. 20:06 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: --

夏の終わりに咲くツルボ  


散歩道・・・、日当たりのよい土手で、人知れずひっそりと咲く可愛い花を見つけました。
「あ、この花、以前も見たことあると思うけど・・・」
「なんて名前の花だっけ?」
IMG_0676ccc.jpg

そうそう、ツルボです!
「蔓穂」と書いて、ツルボです!
スーッと伸びた花茎に、うす紫色がかった淡いピンク色の花を、たくさん咲かせます。
IMG_0675ccc.jpg

ツルボは、の早い時期に葉を展開して光合成で養分を蓄え・・・、
には一度枯れ・・・、
になる前にもう一度成長して、花を咲かせるんだそうです。
変わった性質を持っているんですね。
IMG_0664ccc.jpg

春に花を咲かせるド派手な園芸品種・・・、こちらはオオツルボです。
毎年、5月頃、庭に見事な花を咲かせます。
IMG_6137ccc.jpg

ツルボもオオツルボも、同じツルボ属の仲間だそうです。
そう言えば、花の形が似ていますね。
IMG_6139ccc.jpg IMG_6140ccc.jpg

2017/09/26 Tue. 21:04 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: --

葉っぱの上のハシリグモ  


葉っぱの上に、ジーッと動かない茶色のクモを見つけました。
イオウイロハシリグモというクモの仲間のようです。
全身茶色で、脚の長い大型のクモです。
糸を張らずに、葉の上を徘徊して、昆虫類を捕まえて食べるそうです。
葉の上を走り回るから「ハシリグモ」なんですね。
IMG_0740da.jpg

個体によって体色の変異が多く、こちらは白い筋の入ったイオウイロハシリグモ、同じ種類です。
脚を立てて、お腹に「白い物体」を抱えています。
IMG_0728da.jpg

2本の牙でガッチリと卵のうをつかんで、大切に守っているんです。
以前、アシダカグモが卵のうを抱えているのを観察したことがありますが、それと同じ行動です。
IMG_0736da.jpg

それにしても、腰を高く浮かせて不安定な体勢です。
卵を抱えているので、あまり素早くは動けないみたいです。
IMG_0734da.jpg

クモには、眼が8個あります。
その配置や、大きさから、種類を見分けることもできるそうです。
IMG_0734daaaa.jpg
8つの単眼で、世界はどのように見えているのでしょうねぇ・・・??


2017/09/25 Mon. 22:01 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

金木犀の花  


魅惑的な強い芳香を放つキンモクセイの花です。
離れた場所からでも、その甘い香りに気付いて、あたりをキョロキョロ・・・。
案の定、近くにキンモクセイの花の咲いている木を見つけることができます。
IMG_0683dd.jpg

オレンジ色の4裂に分かれた花弁が、キラキラ光ってきれいです。
これらの花は、キンモクセイの雄花(おばな)になります。
まとまって一気に咲いて強烈な香りを放ち、人間だけでなく、虫も引き寄せているんですね・・・。
IMG_0679dd.jpg

しかし、キンモクセイにとって致命的な事実があります・・・。
日本には、種子をつくるための雌花(めばな)の株が、一本も存在しないのだそうです。
雌雄異株のキンモクセイは、中国原産で、日本に渡来したのは雄株だけだという。
いくら昆虫に花粉を運んでもらっても、受粉する雌花がないなんて~。
ちょっと、切ない・・・。
IMG_0687dd.jpg
ちなみに、キンモクセイは挿し木で増やして、今や植栽樹としてメジャーになっているんです。

2017/09/24 Sun. 19:58 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: --

キジの親子に出会う!  

春5月から7月にかけて、ひらけた田園地帯には、キジがよく観察されました。
キジの番(つがい)が仲良く観察されることもあれば、抱卵期になるとメスが姿を消し、オスばかりが見られるようになりました。
バタバタバタ・・・と、激しく羽根を羽ばたかせ、オスが求愛の「ほろうち」をする様子も、あちらこちらで見られました。

最近はめっきりその姿を見なくなり、寂しかったのですが・・・、
しばらくぶりに、立派なオスが道路に堂々と姿を現わしました。
IMG_0525ccc.jpg

そして・・・、ちょっと離れた田んぼの中にも、キジらしき鳥が休息していました。
そーっと近寄って、望遠レンズで覗いてみますと・・・、
IMG_0484ccc.jpg

どうも、奥にいる3羽は幼鳥で、手前の1羽がメスの成鳥のようです。
お母さんキジは、じーっとこちらを見て警戒態勢に入り、緊張感に包まれました。
IMG_0492ccc.jpg IMG_0493ccc.jpg

幼鳥のうち、1羽はオスのようです。
顔の赤い肉垂部分が、オスの幼鳥である証拠です。
彼は、我先に走って逃げてしまいました。
IMG_0516ccc.jpg

メスの幼鳥2羽は、身じろぎもせず、じーっと固まったままです。
このとき既に、お母さんもお兄ちゃんも、遠くへ逃げ去ってしまいました。
IMG_0503ccc.jpg

メスの幼鳥も、顔の地肌がうっすら赤く見えるんですね。
しばらく観察を続けましたが、このあとすぐに、彼女たちもテケテケッと走って逃げていきました・・・。
IMG_0513ccc.jpg
ここまで大きく順調に育ったキジの子どもたち。
元気にすくすく成長してほしいですね!


2017/09/21 Thu. 21:55 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

キンカンの花に  


キンカンが咲き、庭に甘~い香りが広がっています。
IMG_0099cd.jpg IMG_0131cd.jpg

白い可憐な花の側には、緑色のまん丸の実が付いています。
これは、春に結実した果実です。
IMG_0100cd.jpg

キンカンの花には、を求めてたくさんの昆虫が集まって、とっても賑やかです。
クロアゲハは、長い口吻を伸ばして花から花へ。
小ぶりなチョウ、イチモンジセセリも、吸蜜のあとにひと休み・・・。
IMG_0082cd.jpg IMG_0114cd.jpg

やせっぽちのホソヒラタアブも、花蜜が大好きのようです。
軽々とホバリングをしながら、蜜をなめ回っています。
IMG_0093cd.jpg

ブンブンと翅音を立てて飛びまわるのは、クマバチです。
動きが早くて、お尻しか撮影できませんでした。
少し小ぶりのハナバチは、スジボソコシブトハナバチかな~?
やっぱりお尻の写真だけなので、判定不能・・・。
IMG_0096cd.jpg IMG_0116cd.jpg

腹部が赤くてよく目立つのは、ハラアカヤドリハキリバチです。
特徴的なハチなので覚えやすいのですが、名前がややこしい。
腹が赤く、他のハキリバチの巣に卵を産み、寄生する(ヤドリ)という生態があるそうです。
IMG_0107cd.jpg IMG_0110cd.jpg

シャッターに収まらないほど早い動きで、ホバリングしながら花から花へと移動するのは・・・、
オオスカシバです。
IMG_0117cd.jpg

飛翔が上手で、近づくとすぐに逃げてしまいます。
とてもの仲間とは思えません・・・。
IMG_0122cd.jpg IMG_0125cd.jpg
まだまだ、他にもたくさんの昆虫が、キンカンの花を訪れています。
今後も、しばし足を止めて観察してみようかな・・・。



2017/09/20 Wed. 19:42 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

バンの幼鳥  


毎朝、水鳥の観察をしている貯水池です。
水面の狭い、小っちゃな池です。
周りを水草に囲まれており、容易に人が近づくことができないので、カモ類やサギの生息場所になっています。
IMG_9725mn.jpg

一年中見られるカイツブリカルガモたち。
この池で、春に生まれた仔ガモたちが、安心して群れで生活しています。
IMG_9713mn.jpg

芦原の端に、見慣れぬ水鳥がいました。
「薄いグレーの体色・・・」
「クイナ類に違いないけれど・・・、何という鳥だろ~?」
IMG_9716mn.jpg IMG_9718mn.jpg

クイナの仲間、バンの幼鳥のようです。
バンといえば、成鳥は「鼻先が真っ赤な黒い鳥」です。
子どもの時は、目立たない淡い色合いで、草むらに隠れて生活しているんですね。
IMG_0011mn.jpg
観察していて気づきました・・・・その脚のの長いこと!
邪魔じゃないかと、心配になるくらい大っきいね。

2017/09/19 Tue. 22:28 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

彼岸花が咲き誇る  


季節は秋・・・。
春先、土手に沿って移植した彼岸花が、一斉に咲き出しました。
IMG_0146.jpg

熟すと甘くて美味しいの実。
ハート形のミニトマトも、みずみずしい!
IMG_0464bb.jpg IMG_0456dd.jpg

畑にはカボチャが色づいてきました。
季節遅れのスイカも、大きく育っています。
IMG_0454aa.jpg IMG_0448a.jpg


2017/09/16 Sat. 18:15 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: --

検索フォーム

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

檀林古民家

居眠りガエル

我が家の新しい仲間タヌキ

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳


▲Page top