ウラシマソウの花

ウラシマソウが花を咲かせました。「花を咲かせた・・・」という表現が、あまりしっくりこないのは、花びらがなく、褐色の「仏炎苞(ぶつえんほう)」に包まれているからでしょう。この中に、花の集まりである「肉穂花序」(にくすいかじょ)が、隠れているのです。これが浦島太郎の釣り糸です。ちょっと分かりにくいのですが・・・、かなり長くヒゲが伸びています。その長さは、50cm近くもありました。何のためにこんなに長い釣り糸を垂れ...