NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

ヤブツバキの筒状の雄しべ  

ヤブツバキ、いわゆる椿(ツバキ)のことですね。
森の中で、大きな深紅の花をつけています。
この花が、薄暗い場所でもよく目立つのは、森の中に生息するヒヨドリメジロに見つけてもらうため・・・でもあるのです。
甘~いをお目当てにやってくる鳥たちは、ツバキの花にとって花粉を運んでくれる大切なパートナーなのです。
IMG_4602.jpg

ツバキの雄しべの形って、おもしろいですよね。
根元でぐるりと結合して、大きな筒状の形です。
IMG_8075s_201704102336249b7.jpg

花びらを取り除き、雄しべの筒を分解してみると、その基部にはきらきらと光る蜜がたっぷりと溜まっていました。
ツバキの花に飛来した鳥が、の奥に強引にクチバシを突っ込んでも、筒は簡単には壊されない頑丈な構造をしています・・・。
IMG_8079.jpg IMG_8082.jpg

雄しべには、黄色い花粉がびっしりと付いています。
中央には、雌しべが突き出しています。
この筒の中に、飛来した鳥が頭を突っ込めば、羽毛が花粉だらけになること間違いなし。
それこそ、ツバキの思う壺
IMG_1042.jpg IMG_0980_201704102318489a3.jpg

ツバキの花の形(雄しべの形状)には、「受粉の仕方」が深く関係しているんだってことを、思い知ることができました。
IMG_8085.jpg

ツバキの戦略をもう一つ。
筒の内側にまで、短い雄しべが内に向かって伸びているのが観察できます。
鳥の頭が筒の中に入った時に、「これでもか!」と、さらにたくさんの花粉を鳥の頭につけるための工夫なんだそうです。
IMG_1191.jpg

ひっそりと咲いているツバキの花ですが・・・、意外としたたかなんですね・・・。


2017/04/10 Mon. 23:28 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: --

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top