NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

梅の木で繰り広げられるドラマ  


東京では、もう の花が咲いたというニュースを聞きました。
ここら辺(匝瑳)の梅の蕾も、だいぶ大きく膨らんできました。

・・・今日は梅のではなく、梅の種子(タネ)から、話が始まります。



「梅は食うとも核食うな 中に天神寝てござる」
若い梅のタネにはがあるので、食べると死んでしまうよ・・・、
天神様に会っちゃうかもよ!という意味ですかね。
梅の実が熟せば毒はなくなるので、これを好んでよく食べる人もいますね・・・。 


梅の木の下に、カラカラに乾燥したタネが散らばっていました。
これを、梅のと呼びます。
IMG_6432.jpg

拾って、確かめてみると、核の中には、確かに「仁」と呼ばれる本当の種子がありました。
これが「天神様」??
黒ずんでボロボロ状態でした・・・。
IMG_6463.jpgtenjinsama.jpgumenominozu.jpg 



梅の木に、「虫の痕跡」を見つけました。
 「このもじゃもじゃとした、気持ち悪い物体はいったい何さ?」
     「くっついてる量が、ハンパないんですけど・・・、」
         「こんな写真、ブログにのせるのヤバくない?」

批判を覚悟して、その正体をご報告!(興味のある人は続けてご覧ください)
IMG_6456.jpg

テントウムシの「さなぎの抜け殻」だということがわかりました。
 まったく、不思議な生き物(の痕跡)が、よくもまぁ見つかるものです・・・。
IMG_6427.jpg

成虫のテントウムシも、ちゃんと見つかりましたよ!
正式名前をアカボシテントウといいます。
漢字で書くと、「赤星天道」・・・かっこいいかも
「枝先に登り、天への道を教え、赤い星へと導いてくれる虫」だと思うと・・・、なんとも魅力的。
IMG_6437.jpg

漆を塗ったように黒く光るボディー、滲むように細長い赤い紋。
ペタリと平らで、頭も脚も無いように見えました。
IMG_6440_20160113192759233.jpgIMG_6436_20160113192818ebe.jpg

安心してください!
頭も脚もちゃんとあります。
ピタッと収納できるようになっているんですね。
IMG_6451.jpgIMG_6445.jpg

アカボシテントウは、梅の害虫のカイガラムシを好んで食べる益虫です。
この小さな団子状のものが、タマカタカイガラムシの死骸です。
大量のアカボシテントウに食べ尽くされてしまった跡だと思われます。
IMG_6434.jpg
梅の木で繰り広げられる、虫たちの生死を分けたドラマが目に浮かび、想像力をかき立てられました!
スポンサーサイト

2016/01/14 Thu. 06:00 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 6

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。