NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

<冬芽>羊から猿へ  


今年の干支であるの顔をした冬芽をみつけました。
多分・・・、ヌルデの冬芽(メェ~)かな。
IMG_5729.jpg

しばらく歩くと、センダンの木が伐採されていました。
センダンの冬芽のチェックには、打って付け!
IMG_5759.jpgIMG_5761.jpg

ほら!
冬芽のが、キャッ キャッと賑やかに集まっているゾ!
IMG_5757.jpgIMG_5758.jpg

来年の干支、お猿さんにも出会うことができました・・・とさ。
IMG_5755.jpg
いよいよ、今年もおしまいですね。
みなさま、2015年 大変お世話になりました・・・。

2015/12/31 Thu. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 4

古能葉稲荷の子狐さま  


散策コースの途中にある古能葉稲荷をお参りしました。
IMG_5634.jpg

ここのお稲荷様には、こんな伝承があるんです。
小坊主に化けて勉強に励んだ・・・といわれる子キツネが祀られています。
IMG_5622.jpgIMG_5623.jpg

IMG_5633.jpg

お狐様の表情が、とてもユニークなんです!
IMG_5630.jpgIMG_5629.jpg

いたずらしちゃいましたよ・・・。
「木の葉」稲荷ですからね。
IMG_5632.jpgIMG_5631.jpg

杉が鬱蒼と茂る森の中。
今年も、あとわずかですなぁ~。
IMG_5624.jpg

2015/12/30 Wed. 06:00 [edit]

category: 匝瑳市内(近隣)探訪

tb: --   cm: 4

シャリンバイの実と種子  


お隣の庭の垣根に、藍黒色の実
「こんなすぐ近くにあったのに、気づかなかったよ~」
「ちょっとブルーベリーに似てるんじゃないの?」
IMG_5782.jpg
シャリンバイの実

車輪のように一カ所から放射状に分かれてをつけるから、シャリン(車輪)バイ

シャリンバイのは5月頃咲き、バラのような白い花だそうです。
花にさえ、気づいてなかったことにショックを受け・・・。
シャリンバイの「梅」は、バラ科という意味です。
ブルーべーリーではありませんでした。
IMG_5214.jpg

シャリンバイの黒い実は、あまりたちに好まれることなく、冬の間、枝に残されることが多いそうです。
いつまで残っているか、気になります・・・。
IMG_5295.jpg

実の中からは、直径8mmの堅くて丸い種子が、ゴロンと出てきました。
IMG_5298.jpg

2015/12/29 Tue. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 4

紅花常磐満作の花と果実  


ポカポカ陽気に誘われて、時期を間違えて花を咲かせたベニバナトキワマンサク
春になると「まず咲く」ことから、「まんさく」の名がついているのですが、
普通は3~5月頃が開花期なので、気が早い・・・。
IMG_4211.jpg

せっかくのチャンスなので、を観察してみよう。
花びらがリボンのように細長いのが特徴の花。
図鑑には、「1つの花に花びらは4枚」と書かれているが・・・。
○で囲んた部分が1つの花で、①~④が4枚の花びらであることがわかる。
mansaku.jpg

今の時期は同時に、が観察できる。
1つの花が結実して、1つの実をつけるので、5つの花が集まって咲いていたのだろう・・・。
IMG_4208.jpg

果実を採集して家に持ち帰り、乾燥した部屋の中に放置しておくと・・・、
カバのような口を大きく開けて、実が割れて中身が姿を現した。
IMG_5841.jpg

ベニバナトキワマンサクの果実は、熟すとはじけるように裂け、中の種子を遠くへ飛ばすタイプの果実なのである。
このような散布形態を、「自動散布型」と言うんです・・・。
先日の記事(2015/12/21)「コクサギ」の果実も、これと同じタイプ!
IMG_5844.jpgIMG_5845.jpg
自動散布型の種子には遠くへ飛びやすいような共通の特徴があるという。
弾丸のような形」、そして「スベスベした質感」を備えている・・・というから自然の造形の妙を感じる。
ふーん、なるほどねぇ・・・。

2015/12/28 Mon. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 2

アミメクサカゲロウの成虫  



草刈り & 野焼きの作業に・・・一日汗を流した。
休憩中に、見慣れぬを発見したので、しばし自然観察タイム・・・。
IMG_5695.jpg

木々の間をひらひらと、弱々しく飛んで、目の前の葉に止まった虫。
クサカゲロウの仲間のアミメクサカゲロウである。

ペタンを大きく広げて、葉の上に止まる。
触覚がとーっても長く、華奢な体つきが印象的な虫だなぁ。
IMG_5673.jpgIMG_5677.jpg

アミメクサカゲロウの翅は”レース・ウィング”と呼ばれ、透き通った色と、繊細な網目模様が美しい。
IMG_5680.jpg

英名で”Golden eye”と言われる通り、近寄って見ると、確かにが光り輝いているではないか!
IMG_5686.jpg

ハラハラと舞い、キラキラ光る眼を持つ神秘的優雅な虫、アミメクサカゲロウ。
「はじめまして、今後ともよろしくお願いしますね!」

・・・って言うのも、この虫、木の葉の裏に、細い糸の先についた卵を産みつける。
これを、昔の人が「うどんげ(優曇華)の花」と思いこんだ・・・。
うどんげの花とは、三千年に一度咲くというインド伝説の花のこと。
まるで花が咲いたように産み付けられるクサカゲロウの卵を、ぜひぜひ見たいのです・・・。
「卵を産んで、うどんげの花を見せてくださいませ!」

2015/12/27 Sun. 06:00 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 8

スターライト☆ファンタジー  


匝瑳(そうさ)市のお隣の旭市で、スターライト☆ファンタジーというイベントが、ひっそりと開催されているという。
広報で情報を知って、見に行くことにしました。
IMG_5703.jpg

本当に、「ひっそりと・・・」していました。
他に来客は2組だけ・・・。
公民館を会場にしたイルミネーションは、ささやかではありましたが、煌びやかな電飾の光を、たっぷりと堪能できました。
たまには、こういうのも綺麗でいいなぁ・・・と思いました。
IMG_5707.jpg

・・・夜道を車で走らせていると、匝瑳市内の一般のお宅に、派手な電飾の光を発見しました。
個人宅の広い庭を彩るイルミネーションとしては、かなり本格的なもの・・・。
はっきり言って、スターライト☆ファンタジーを超えていました!
IMG_5863.jpg
クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬ですねぇ・・・。

2015/12/26 Sat. 06:00 [edit]

category: 匝瑳市内(近隣)探訪

tb: --   cm: 0

ソシンロウバイの蕾  


12月末とは思えない・・・暖かな日が続く冬。
もともと千葉県の中でも温暖な気候の匝瑳(そうさ)は、冬の積雪がほとんどない。
が降るのは、1年に1,2回ってところでしょうか・・・。

木々の葉もすっかり落ち、冬の谷津田の風景は寂しい。
IMG_5562.jpg

イチョウの木も丸裸・・・。              ケヤキの木も寒々しい・・・。
IMG_5546.jpgIMG_5544.jpg

そんな中、落葉樹のソシンロウバイが、陽の光を受けて美しく輝いていた。
この葉がすべて散ってしまっても、すぐに真冬のを咲かせて楽しませてくれる。
ソシンとは、「素直な心」・・・。
素直に、移ろいゆく自然の「美しさ」と「はかなさ」を感じつつ・・・。
IMG_5554.jpg

例年、あと1ヶ月もすると、花を咲かせるソシンロウバイ。
その可愛らしいが目を引きつけた。
「おっと、今年は暖かいから、もう花を咲かせそうだね。」
IMG_5553.jpgIMG_5551.jpg

2015/12/25 Fri. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

「たてもの園」の樹木  


「たてもの園」の中でも、いつもの通り
樹木の観察・・・。


たてもの園の入り口で、シンボリックな大木が出迎えてくれました。
「この木、何の木?」
驚いたことに・・・、キンモクセイの大木でした。
都会のキンモクセイは、きれいに刈り込まれて、なんてお洒落なんでしょう。
IMG_5345.jpg

花が咲いたら、どんなにきれいだろ~。
「うん、確かにキンモクセイの葉っぱだね。」
IMG_5348.jpg


おっと、これは、ホオノキの集合果ではありませんか・・・。
先日の記事のタイサンボクの実にそっくり!ではありませんか・・・。
こんな場所で出会えるなんて。
IMG_5359.jpg

あたりを探し回りましたが、赤い実は発見できませんでした。
IMG_5356.jpg
3日間にわたり、「たてもの園」での話題でした・・・。

2015/12/24 Thu. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 2

「たてもの園」で出会ったレトロな物  

江戸から昭和初期の建物が建ち並ぶ「東京江戸たてもの園」。
一軒ずつ巡り歩くと、懐かしいレトロなものに、たくさん出会えました!


昔、じいちゃんの家にこんな かまど があったなぁ~。
これでご飯を炊いたら美味しいんだろうなぁ~。
IMG_5397.jpg

古民家では 囲炉裏の火が出迎えてくれました。
あったか!でした。
IMG_5387.jpg

ここは、昭和初期の文房具屋さん。
写真じゃ、ちょっとわかりづらいけど・・、左側に多数の”引き出し”の壁。
「これ、ジブリの映画で見たことあるよね!」
「うん、ある、ある!」
それもそのはず、”千と千尋の神隠し”の背景は、これをモデルに描かれたのだそうです。
IMG_5450.jpg

懐かしい路地裏の風景。
「お醤油かして~」って感じ。
IMG_5441.jpg

空き地には土管
これは、「ドラえも~ん」って感じ。
IMG_5452.jpg

チャリンコ・リヤカー
欲しいかも。
IMG_5435.jpg

明日は、「たてもの園」で見た樹木編です。

2015/12/23 Wed. 06:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 4

江戸東京たてもの園へ  


久しぶりのお出かけ。
行き先は、東京都小金井市(都立小金井公園内)にある 江戸東京たてもの園
以前から、行きたかったんですよ、ここ
IMG_5352.jpg

広大な敷地(面積約7ha)の中に、江戸時代から昭和初期までの建物がたくさん移築展示されてました。
園内地図は、江戸東京たてもの園HP http://tatemonoen.jp/raien/address.htmlより抜粋。
tatemonoentizu.jpg


建物の数は、全部で30棟
古民家もあれば、洋館もあり・・・、昭和の「銭湯」まであるのだから見ていて飽きない。
IMG_5388.jpg


広い園内を、半日かけてゆっくりと巡り歩きました。
IMG_5390.jpgIMG_5373.jpgIMG_5411.jpgIMG_5398.jpg

IMG_5416.jpgIMG_5514.jpgIMG_5423.jpgIMG_5459.jpg
  ・江戸時代の風格のある 古民家
  ・豪華絢爛な 三井財閥の邸宅
  ・2・26事件の現場となった 高橋是清邸
  ・昭和の香り漂う 看板建築
  ・今すぐにでも入浴できそうな立派な 銭湯  などなど・・・。
どれも歴史あり、趣あり、どこか懐かしい気持ちになる建物ばかりでした。




都会の公園内では、まだ、紅葉が見頃でした・・・。
燃えるように、美しい!
IMG_5518.jpg
明日も、「たてもの園」のつづきです。

2015/12/22 Tue. 06:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 4

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top