NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

錦のたね  


本日、登場するのはマユミ、ニシキギ、ツルウメモドキの果実
どれも同じニシキギ科の仲間である。
共通点を探しながら観察してみることに!

ピンク色に熟したマユミの実が4つに裂けて、中から赤い種子が顔を出している。
まるで花を咲かせたように綺麗である。
IMG_3451.jpg IMG_3430.jpg 

ニシキギの果実は、中から1~3個の種子が飛び出す。
このように果実の皮が裂けるタイプの実のことを、「さく果」という。
IMG_2945_20151030205855d34.jpg IMG_2951.jpg


「この果実は何だろう?」と首を傾げてしまったが、これも「さく果」である。
果皮が割れて赤い種子が顔を出しているのを見て、なるほど!
ツルウメモドキの果実であることがわかった!
IMG_3366.jpg IMG_3353.jpg
赤と緑のコントラストが美しく、リースなどの装飾にも大人気のツルウメモドキ。
IMG_3359.jpg


ニシキギ科の3種類の果実に共通する特徴は、果実が裂ける「さく果」であること。
 ①マユミ・・・・・・・・・・・・4つに裂け、赤い種子が4つ出てくる。
 ②ニシキギ・・・・・・・・・1~3つに裂け、赤い種子が1~3つ出てくる。
 ③ツルウメモドキ・・・・3つに裂けて、赤い種子が3~5つ出てくる。

裂け方や種子の数は個性的でばらばらだが、どれも「赤い種子」が共通点。
この赤い種子は、すべて「仮種皮(かしゅひ)」という薄い皮をかぶっており、栄養に富んでいるため鳥たちの大好物でもある。
IMG_3542gg.jpg 
では、その「仮種皮」をはがして、中の種子を取り出してみよう。
 ①マユミ・・・・・・・・・・・・まるで小豆のようなピンク色の種子。
 ②ニシキギ・・・・・・・・・丸みを帯びた真珠のような色合いの種子。
 ③ツルウメモドキ・・・・仮種皮が肉厚で、種子は小さめ。
IMG_3571.jpg

「どれも小さな宝石のようにきれい・・・」って、思いません?
IMG_3577.jpgIMG_3575.jpgIMG_3574.jpg

2015/10/31 Sat. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

晩秋に咲くグミの花  


「おやおや? 見慣れない花が咲いているよ!」
庭の脇に咲いたツルグミの花。
目立たぬ花が満開状態で、辺りには甘い香りが漂う・・・。
IMG_3511.jpg

ツルグミという名前からもわかる通り、ツル性の植物である。
周りの植木に寄りかかるように生え、枝をだらしなく伸ばすので、「いつか剪定しなければ・・・」と思っていたところである。
思わぬ時期に、との遭遇!
IMG_3512.jpg IMG_3510.jpg

常緑のに特徴あり!
葉の裏面に細かい鱗状の毛が密生し、ビロードのように光って見える。
 IMG_3520.jpg IMG_3587.jpg

を拡大して観察してみる・・・。
花びらはなく、萼(がく)が4つに広がる。
グロテスクなまだら模様がチャームポイントである。
IMG_3553.jpg IMG_3585.jpg
時期はずれの10月下旬にを咲かせ、ができるのは早春5月。
実を見るまでは、剪定作業は延期・・・である。

2015/10/30 Fri. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

ふわふわテイカカズラ種子  


ふんわりと手のひらにのっている種子は?
テイカカズラの種子である。
里山の小道を歩いていると、テイカカズラの種子が散らばっていることに気づく。
IMG_3433.jpg

綿毛がシルクのようにやわらか。
種子の部分がおもりの役目となって、風に乗って遠くまで運ばれていく。
IMG_3444.jpg DSC05348.jpg

テイカカズラの5月の写真・・・・・風車型の白い花を咲かせていた。
それが今では、長い鞘状の実となり、種子を飛ばす季節になったのだ。
それにしても不思議なのは、花の姿と、果実の形がこんなにも違う・・・ってこと。
IMG_7212.jpg DSC05513_20151028204512dd0.jpg

鞘の中には、種子がきれいに折りたたまれて、お行儀よく一列に並んで収まっている。
鞘が弾けて、風が吹くと中から綿毛を開いた種子が飛び出すわけだ。
DSC05614.jpg IMG_3463.jpg
DSC05619.jpg

テイカカズラは、この辺の里山では普通にたくさん生えているつる性の植物である。
つるを伸ばして地面を覆い、時には高木に絡みついてカーテンのように繁茂する。
この植物の力を利用して、我が家の庭の斜面に「テイカカズラのグランドカバー」を作ろうと計画している。
斜面の土の流出を防ぐとともに、雑草の繁殖も抑えることができるのではないか・・・と目論んでいる。
テイカカズラの葉っぱは、きれいに紅葉して見栄えも良いだろう・・・と想像を膨らませながら、
せっせと種を拾い集めては、庭に撒く日が続いている。
IMG_3467.jpg IMG_3465.jpg IMG_3475.jpg 


2015/10/29 Thu. 06:00 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 2

艶やかなセイタカアワダチソウ  


いつもなら、気にもとめずに通り過ぎてしまうが、あでやかな黄色に目を奪われた・・・。
モコモコの黄色い花を咲かせるセイタカアワダチソウ
一時期は、帰化植物の代表種として日本全国に驚異の広がりを見せたが、最近では勢いが衰えてきたようである。
もともときれいな花なので、こうして群生する美しい光景には圧倒される。
IMG_3393.jpg

キク科のセイタカアワダチソウの花は、小さな花が多数集まってできている。
たっぷりと花粉をつけた雄しべの周りに、ハチ達が飛びまわっていた。
花の少ないこの時期、蜜を求めて集まるハチにとって、貴重な食料源になっているのだろう。
IMG_3390.jpg IMG_3394.jpg



昨日よりテンプレート上の表示に乱れが生じ、たいへん失礼しました・・・。
バグの原因が判明しないため、やむなくデザインを一新しました。
         「ちょっと憂鬱・・・。」
IMG_3180.jpg IMG_3168.jpg
落っこちそうだけど、枝にしがみついて頑張っているシュレーゲルアオガエル
もちろん野生です。(飼っているわけではありません。)
IMG_3197.jpg IMG_3186.jpg IMG_3173.jpg

2015/10/28 Wed. 04:47 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 4

ヒヨドリとヒヨドリジョウゴとハダカの実   


「タイトルがややこしいんですけど・・・。」
「ごめんなさい。今日も、木の実の話題です。」

ヒヨドリジョウゴが透明感のある艶々の赤い実をつけた。
こんなに美味しそうな実なのに・・・・、案の定、毒を含んでいて食用にはならない。
「でも、当然!ヒヨドリは好きなんでしょ。」
「そりゃあ、名前にヒヨドリとあるんだから」・・・と、誰もが思うはず。
それなのに・・・、信じられないことに・・・、ヒヨドリをはじめ、鳥たちがあまり好んで食べないというから、裏切られた気分である。
冬になっても、食べられずに残っていることが多いヒヨドリジョウゴ。
ん~、じゃあ何でこんなにみずみずしく美味しそうな色をしているのだろう?
謎である。
DSC05097.jpg

特に好きでもない実に、名前を使われてしまったヒヨドリ
うまそうに食べているのは、大好きなカキ・・・。
「植物の名前って、結構、いい加減なもんだなぁ。」
IMG_3146.jpg

切れ込みのある形、これがヒヨドリジョウゴの葉の特徴。
萼(がく)は分裂して、身を包むように広がっている(これ注目!)。
DSC05099_201510262134327bd.jpg DSC05103.jpg



別な場所で見つけた赤い実。
「ヒヨドリジョウゴに、とてもよく似ているけれど・・・」
「いえいえ、これは同じナス科のハダカホオズキです。」
萼(がく)の部分にご注目!
IMG_3341.jpg

ヒヨドリジョウゴの実が、トマトカキに形に似ているのに対して、ハダカホオズキは、電球のような形。
萼(がく)が実を覆っていない・・・、だから「裸」なのである。
「植物の名前って、その特徴に合わせて、よく考えられてるんだなぁ。」
IMG_3343.jpg IMG_3339.jpg

2015/10/27 Tue. 07:47 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

つる植物2種 青い実&赤い実  

今日は里山歩きで、つる性植物の青い実赤い実を見つけた。
IMG_3300.jpg



黒々としたい実のアオツヅラフジ
ブドウのように美味しそうだが、食べられないのが残念・・・。
IMG_3377.jpg IMG_3384.jpg

アオツヅラフジの種子は、「アンモナイト型」のおもしろい形をしている!
1つの実に、種子が1個ずつ入っていて、イモ虫のようで気持ち悪いんだよなぁ。
IMG_3547.jpg IMG_3579.jpg



サルトリイバラが真っな実をつけた。
・・・サルトリイバラのつるには鋭いトゲがあって、これに絡まって痛い目にあったことがある。
猿でさえ動けなくなるほどの威力!
IMG_3292.jpg IMG_3298.jpg

調べてみると、い実の中から、い種子が出てきた。
ちょっと予想外!
IMG_3557.jpg IMG_3578.jpg

2015/10/26 Mon. 00:06 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 3

山栗ご飯をいただく  

我が家には栗の木がない。
春に植えたばかりの「栗の苗」を、仮払い機でやっちまった・・・。Oh No!

山栗を拾い歩きしながら、里山をひとめぐり。
IMG_2567.jpg

小ぶりな栗を、ちまちまと拾い集め、あとはひたすら皮をむくだけ・・・。
IMG_2888.jpg IMG_2889.jpg

自然の恵みを、美味しく味わった。
IMG_2890.jpg
「ご馳走さまでした!」

2015/10/25 Sun. 06:04 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 2

地味な木の実  

気になるものを探しながら歩く里山。
いつも紹介するのは、きれいな紅葉・・・、可愛い花々・・・、色鮮やかな木の実など・・・。
たまには、目立たない脇役の木の実にスポットを当ててみよう。
IMG_2494.jpg

キブシの実
花は早春3月、ブドウの房のように咲いた。
「こんな形になっちゃうんだ・・・。」
まだ青く堅い実が、花の付き方と同じように並んでいる。
IMG_2541.jpg

スイカズラの実
5月、香りの良い白い筒状花を咲かせていた。
「忍冬」(ニンドウ)の名は、これから冬を耐える実の姿にふさわしい。
IMG_2698_20151021222952448.jpg

アカメガシワの実
花は5月の終わり頃から咲き始め、あんまり目立たない・・・。
楕円形の黒い種子は、決して美味しそうではないが、鳥たちにはよく食べられる。
IMG_2645.jpg

ウツギの実
5月、6月がウツギの花(ウノハナ)の季節。
「夏は来ぬ~♪」に唄われるのはウツギの花だが、果実はこんな感じで地味。
IMG_2654.jpg

イヌツゲの実
垣根のイヌツゲの花は6月頃に咲くが、葉の陰に隠れて目立たない。
どちらかというと、黒いブルーべーリーのような果実の方がおなじみかも。
IMG_2704.jpg

2015/10/24 Sat. 05:52 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

匝瑳のヒーロー&植木  

匝瑳市の商店街のイベント「よかっぺ祭り」が開催された。
商店の軒先には、晴天祈願のコンテストのテルテル坊主が吊り下がる。
「ソーサマン」のテルテル坊主が、イケてる!
ショーの中で子供たちに武器募集をしたところ、「武器より体をきたえろ…」と苦言をいただいたソーサマン。
ゆるゆるだけど、匝瑳市を盛り上げるご当地ヒーローである!
IMG_3071.jpg
IMG_3074.jpg
「ハリキリ戦隊ソーサマン」については、 → 公式HPへどうぞ!(お勧めはソーサマン ミニ劇場)


「匝瑳(そうさ)ってどこにあるの?」の声にお応えして!
sousa.jpg

匝瑳市は植木の街
千葉県の県木「イヌマキ」の生産量が多い。
街の循環バスにも、ほら!イヌマキの植木が描かれている。
IMG_3080.jpg

近年は海外でのイヌマキ人気が沸騰中で、中国や欧州などへ盛んに輸出されているらしい。
IMG_3007.jpg IMG_3005.jpg
IMG_3003.jpg
植木職人の皆さま、お疲れ様です!

2015/10/23 Fri. 06:03 [edit]

category: 匝瑳市内(近隣)探訪

tb: --   cm: 2

野菊の季節  

秋の「野菊」にも、いろんな種類がある。
しかも、キクの仲間はどれもよく似ていて同定するのが難しくって、おもしろい。

     里山でよく目立つ代表種
       ノコンギク
     花弁がほんのりと紫色に染まる。
     「野菊」の名にふさわしい・・・。
DSC04488.jpg

     その名のインパクトに、しびれた!
       ペラペラヨメナ
     ハルジオンに似た花で、アメリカからやってきた帰化植物。
     「葉がぺらぺらで、ヨメナに似ている・・・」というのが命名の意味。
     名前も好きだが、花も可愛い!
DSC04000_20151021211057bbc.jpg DSC03996.jpg


     この花は、やや紫色だけど・・・白ヨメナ。
        シロヨメナ
     漢字で書くと「白嫁菜」
          
IMG_2685.jpg



     「山」と名に付くけれど、里山にも生えている。
        ヤマシロギク
         
     「誰かが花びら抜いたんじゃないの・・・?」
                           と勘違いするくらい・・・
     花弁のすきまの広い花である。

     野菊の仲間を表す「嫁菜」に対して、「婿菜」という別名を持っているんだって。
IMG_2564.jpg

2015/10/22 Thu. 06:04 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top