NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

縁側から春を感じる  

七十二候
「霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)
霞がたなびき始める時季、来る春への期待がふくらむ。

「草木萠動(そうもく、めばえいずる)
草木の芽が萠える時季。
IMG_0881.jpg

2015/02/28 Sat. 21:18 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

黒くて渋くてずんぐりむっくり  

ここは袋貯水池。
黒い水鳥がゆったり泳いでいた。
IMG_0940.jpg

全身真っ黒でずんぐり体型のオオバン
近寄ってよく見ると、赤い目が個性的でシンプルな渋い鳥だ。
IMG_0905.jpg

白いクチバシや額板(がくばん)が特徴。
額板の大きさは社会的な地位を表していて、大きな額板をもつ個体ほど大きな縄張りをもっているんだとか。
IMG_0909.jpg

脚の指には、水辺での生活に適した水かきがある。
これが変わった形をしている。
IMG_0893.jpg

指の間ではなく、指そのものに水かきが付いていて、不思議な形。
これを木の葉状の弁足と呼ぶ。
IMG_0896uu.jpg



2015/02/27 Fri. 20:49 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 0

鏡のように輝く羽根  

「翼鏡」とは、カモに見られる金属光沢のある羽根のことであり、次列風切の一部を指す。
羽をたたんでいる時には隠れていることが多いが、羽づくろいの時などに観察することができる。

地味なカルガモのチラリと見える翼鏡が実にお洒落である。
IMG_0901.jpg

翼鏡の色は、鮮やかな「青色」。個体によっては「緑色」に光っていることもあった。
角度によって青や緑に微妙にちがって見えるのである。
IMG_0912.jpg
カルガモは一年中見られる留鳥である。
真偽のほどはわからないが、「夏もいる」という意味から「夏留鴨」と呼ばれるようになった・・・という説もある。


コガモは、英名でGreen-winged Tealと呼ばれる。
その名の通り、翼鏡の緑色が鮮やかで美しい。
IMG_0936.jpg

オスの羽根は派手なデザイン。
腹部のきれいな縞模様、翼鏡のエメラルドグリーン、下尾筒のクリーム色。
IMG_0935.jpg

地味なメスにも、緑色の翼鏡があるのがわかる。
IMG_0928.jpg

2015/02/26 Thu. 00:16 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 0

しいたけ原木3000本  

しいたけ栽培農家のハウス前の路上に、植菌用の原木が積み上げられていた。
総数3000本以上はあろうかというしいたけの原木・・・。どこからやってきたのか?
震災以降、福島県産の原木はほとんど出回っていない。
今は、長野県や東北岩手県、山形県などからの原木が多いという。
IMG_0864.jpg

2月は植菌作業の適期。
地域によっても異なるが、桜が咲く頃までには完了するのが良いとされている。
時期が遅れると、菌糸の伸長が遅れて良いホダ木にならないので、このあとの作業はきっと大忙し!
IMG_0862.jpg

浸水槽の中には、浸水作業真っ最中のホダ木があった。
ホダ木を長時間水に浸して発生に必要な水分を含ませると同時に、しいたけ発生のための刺激を与えているところ。
IMG_0863.jpg

かっこいい!キャタピラー付きのホダ木運搬車
IMG_0867.jpg

2015/02/24 Tue. 20:46 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 0

黄金の柑橘  

キンカン(金柑)
中国原産のミカン科キンカン属の常緑低木。
ビタミンA、B、そしてビタミンP(抗カゼビタミンとして毛細血管を守る)が多く含まれ、風邪予防に効く。
IMG_0877.jpg

包丁で切って見ると、果皮が分厚く、果肉の部分が少ないのがわかる。
他のミカン類と違って果皮を食べるのが特徴で、酸味の強い果肉は食べない。
ところが、今は、果肉の糖度が16度以上もある「完熟キンカン」なる生食用のキンカンが出回っている。
IMG_0882.jpg

果実が緑色から艶のある橙色に変わり食べ頃になると・・・、
DSC05176.jpg

メジロやヒヨドリがいつの間にか来て、つついて食べてしまう。
DSC05175.jpg

2015/02/23 Mon. 23:07 [edit]

category: 植物

tb: --   cm: 0

”冥加”に通じる縁起よさ  

古民家の屋根瓦に家紋。
ぱっと見、「たけのこの図案かな?」と思ったが・・・、
IMG_0667.jpg

調べてみると、日本十大紋の一つでもある有名な家紋であることがわかった。

答えは、「ミョウガ」。
ミョウガの花を図案化した「茗荷紋」と呼ばれる。
DSC04496.jpg

「茗荷紋」は”冥加”に通じ、神仏の加護が得られる縁起がよい紋として人気がある。
抱き茗荷「抱き茗荷紋」

ミョウガの包片には葉脈があり、その先に花穂をあしらっている。
DSC03828.jpg


「摩陀羅神」という神様のシンボルが茗荷だと言われ、神社や寺などで用いられることが多く、日光東照宮、出雲大社、比叡山・延暦寺など、名立たる寺社で祭られているという。

摩多羅神とは、謎の多い異国の神で、秦氏の総鎮守の大酒神社(おおさけじんじゃ)(今は太秦の広隆寺)の祭りの神である。秦氏の所縁が深いせいか、藤原氏系統にこの紋が多い。

「茗荷紋」の有名人を挙げると・・・、
三島由紀夫、水木しげる、北野武など。
歴史上の人物としては、桐野利秋、秋山真之、出口王仁三郎などがいる。

2015/02/20 Fri. 20:44 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 0

雨水・・・雪氷が溶けて雨となる  

本日、二十四節気の節目。
「雨水」
七十二候では、
「土脉潤起(つちのしょう、うるおいおこる)
雨が降って土中にいくらか湿り気を含み出す時季・・・という意味。

DSC05702.jpg

2015/02/19 Thu. 21:31 [edit]

category: 自然

tb: --   cm: 0

やせ細っていく「月」  

今月(平成27年2月)は、満月が4日、新月が19日。
この間、雨や曇りの日を除いて、継続して月を追跡観察してみた。

夜中、コンビニで買い物をしたついでに。
朝方、目を覚ましたときに。
朝、通勤の途中に。
気がつくと、カメラを片手に望遠撮影を試みた。
  ・1日ごとに、月が欠けていく様子がよくわかる。
  ・1日ごとに、月の出が遅れていく(40~50分)様子がよくわかる。
tuki 2


2月4日(水)4:10
明け方の西の空に輝く 「満月」
IMG_0547.jpg

2月6日(金)20:06
東の空に昇りはじめた「立ち待月」
IMG_0569.jpg

2月10日(火)7:45
ここからは、晴天の日が続いたので、ほぼ同時刻に、同じ場所から撮ってみた。
・・・一日ごとの変化がよくわかる。
IMG_0618.jpg

2月11日(水)7:33
IMG_0630.jpg

2月12日(木)7:35
「下弦の月」
IMG_0729.jpg

2月13日(金)7:44
IMG_0733.jpg

2月14日(土)9:12
IMG_0744.jpg

2月15日(日)7:11
IMG_0756.jpg

2月16日(月)7:27
雲の切れ目に、わずかに姿を現した新月から26日目の月。
IMG_0843 j
三日月を裏返した「有明の月」とも呼ばれる。

これ以降は、悪天候のため観察できず・・・。

2015/02/18 Wed. 20:36 [edit]

category: 自然

tb: --   cm: 0

海に潜る鳥  

飯岡漁港のつづき。
IMG_0791.jpg

海鳥3種。
みんな潜水が得意で、海の底の小動物(カニやエビ)、貝類、魚、さらには海藻なども採餌する。
貝は丸呑みにして食べ、胃の中で殻を砕くという。

大波にもまれるスズガモ
飛ぶときの羽音が金属質で「鈴」の音に似ているんだって・・・。
IMG_0836.jpg

頭にちょんちょりんの冠羽を風にたなびかせるキンクロハジロ
全身の黒と、脇腹の白のコントラストが際立つ。
IMG_0810.jpg

ハジロカイツブリ
赤い目が特徴的。
餌取りに夢中で、水面に出てもすぐに海に潜ってしまう。
IMG_0805.jpg

2015/02/17 Tue. 21:10 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 0

強風に耐えるカモメたち  

最大風速7mの強風が吹く中、飯岡漁港へ。
丸くうずくまり大風を避けるセグロカモメ
ぼてっと座り込んで動けない・・・。
IMG_0817.jpg

こちらは立ったまま一歩も身動きできないウミネコ
風上に頭を向け、目を細めて堪え忍ぶ。
IMG_0827.jpg

セグロカモメの黄色い嘴に赤い斑。
雛が食べ物をねだるときにこの赤い斑をつつく習性があり、重要な目印になっている。
IMG_0831.jpg

ウミネコの嘴は、先端に黒帯があり、さらに先端には赤斑がある。
ウミネコの雛は「赤と黒」に反応するのだろうか?
IMG_0823.jpg
黄色い光彩、赤いアイリング。
まるで歌舞伎役者のようなイメージ。

2015/02/16 Mon. 22:59 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: 0

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top