NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

「柚子庵」の建築(8ヶ月)  


これまで、いらなくなった材木やアルミサッシ、木の電柱などを譲り受け、コツコツと廃材集めをしていました。
IMG_3171sd.jpg IMG_3173sd.jpg IMG_3799sd.jpg IMG_4037sd.jpg

「小屋が欲しい・・・。よし、自分で作っちゃおう!」
・・・と、今年の正月に思い立ちました。
土日を使って、のんびり作業を進めてきましたので、途中経過をご報告。

<1月>
建築現場は、母屋の隣の「柚子の若木」が植わるスペースです。
柚子の木を根っこから引き抜いて移植し、小屋を建てる場所を確保しました。
思えば、この時の力作業が一番大変でした・・・。
根を掘るのも、移動させるのも、人力のみ。
IMG_4041sd.jpg

柚子の木の生えていた場所に作るので、これから作る小屋の名前を柚子庵と命名!
(柚子餡みたいで、美味しそう!)
さて、どんな小屋が出来上がることでしょう・・・?

どうせ作るなら、それなりに長持ちする、丈夫な小屋を建てたい。
敷地を平らに整地して、地縄張り
水盛りをして水平をとりながら、遣り方を張りました。(この地味な作業こそがとっても重要・・・)
IMG_4074sd.jpg IMG_4082sd.jpg

<2月>
基礎は、重量ブロックを使用した独立基礎としました。
四隅には、もらい物の古い電柱を切って埋め込み、コンクリートで固めました。
IMG_4193sd.jpg IMG_4137sd.jpg

ブロックを並べてコンクリートで固定したら、その上に材木を敷きます。
廃材を再利用するために購入した中古の電動カンナが大活躍です!
IMG_4584sd.jpg IMG_4607sd.jpg

<3~4月>
せっかくなので、木造軸組工法にこだわってセルフビルドしたい!
土台に使ったのは四寸角の立派な材木。
長さが足りない部分のつなぎ目は、腰掛け鎌継ぎという継ぎ手に挑戦。
なかなか頑丈につなぐことができました。
IMG_5950sd.jpg IMG_7705sd.jpg

<5~6月>
材木にほぞ穴をあけたり、相欠きをノミで削ったり・・・。
これが、なかなか根気のいる時間の掛かる作業でした。
季節はあっという間に進み、木々の緑が濃くなり、雑草がたくさん生えてきたのが見て取れます・・・。
ここまで地道によく頑張った・・・。
そしていよいよ、やった~!柱を立てる建前にたどり着きました。
寸法通りに切った材木をほぞ組みして、を組み立てていきました。
IMG_7597sd.jpg IMG_8727sd.jpg

<7月>
防腐・防虫のため塗料を丁寧に塗って・・・。
その後、片流れの屋根にするためのを設置。
IMG_7708sd.jpg IMG_8679sd.jpg

<8月>
母屋(もや)を取り付けたら、1寸5分間隔で垂木を打ち付けていきます。
サルスベリが咲いて、季節は真夏・・・。
「ここから一気に作業を進めるぞー!」
IMG_9571sd.jpg IMG_9577sd.jpg

杉の合板の内側にも防腐塗料を塗り、屋根一面に載せ・・・、
その上には、アスファルトルーフィングという雨漏り防止シートを敷きました。
IMG_9575sd.jpg IMG_9657sd.jpg

屋根材として耐久性に優れたガルバリウム波板を採用。
これで、雨が降っても安心です。
IMG_9667sd.jpg IMG_9620sd.jpg

雨水の吹き込みを防止するための、ケラバ板を取り付け、
やっと小屋らしい姿になってきました。
IMG_9669sd.jpg

ここまで、作業を続けて8ヶ月。
特に今月は、ブログ更新そっちのけで、素人大工仕事に熱中しました~!
お陰様で、柚子庵が、だいぶ形になってきました。
このあとは、柱の間に筋交いを入れ、アルミサッシを取り付け、外壁板を張り付けていく予定です。
まだ、まだ、作業は続きます・・・・・・。




2017/08/18 Fri. 23:53 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: --

数寄屋門 倒壊。  


なんと言うことでしょう!!
バサバサッ、ドスンと凄い音がしたので、驚いて裏口を見に行ったら・・・、
数寄屋門倒壊していました。
IMG_8567aa.jpg

開いた口がふさがりません~。
柱の根元が朽ちて、重みに耐えきれず自然倒壊したんです。
IMG_8573aa.jpg

この数寄屋門の屋根、めちゃくちゃ重いんです。
とても一人じゃ持ち上がりません。
どーしよう???
IMG_8586aa.jpg
どうにもならないので、しばらくこのまま放置・・・です。

2017/07/31 Mon. 21:52 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: --

キャラクターいっぱいのコンテナ置き場  


家の近くの広域農道の脇に、名所(迷所?)がございます。
一言でなんと言ったらよいのでしょう・・・。
「キャラクターいっぱいのコンテナ置き場」です。
今日は、新しくピカチュウが仲間入りです。
大きなピカチュウ(の遊具?)が、クレーン車を使って設置されました。
このコンテナの上で新しい人生が始まります。
IMG_7475.jpgIMG_7482.jpg

建設会社の資材置き場には、この他にも子供が大好きなキャラクターが設置され、
遠くからもよく目立ちます。
いったい何の意味があるのかな?と思うでしょ・・・。
IMG_7479.jpg

機関車トーマスの屋根の下にあるベンチと、自動販売機
ここは、ドライブの途中に一休みできる「休憩所」になっているんです。
子供たちに親しまれる癒しの場となることを目指しているのでしょうか・・・。
IMG_7477.jpgIMG_7478.jpg

それにしても・・・、
いろんなキャラクターを集めて、集めて・・・、
賑やかな「名所」になってしまいましたとさ・・・。
IMG_7481.jpgIMG_7480.jpg

2016/02/22 Mon. 06:00 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 2

坂道の土留め工事  


高台にある我が家へのアプローチの坂道
昨年のゲリラ豪雨の影響を受けて、
地盤がゆるみ、
コンクリートの坂道に亀裂が入り、
隙間がみるみる広がり・・・、
土砂が流れ出し・・・、
車で坂を通るのも危険な状況になっていました。
DSC00384.jpgDSC00885.jpg

最初は、自力で何とかならないかと、
土留めの隙間にから、板をはめ込んではみたものの・・・、大雨が降ると土の流れは止まりません。
根本的な解決にはほど遠いので、やはり土木工事を委託することにしました。
DSC00891.jpgDSC00892.jpg

ほら!やっぱり、プロの仕事は流石なものです。
H鋼を3m埋め込み、しかも地中でL字型に曲がっているので、倒れる心配もありません。
IMG_7457.jpgIMG_7456.jpg

これで、トラックが登ったって減っちゃらです。
安心して生活できそうです。
IMG_7698.jpg

2016/02/19 Fri. 06:00 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 2

シイタケ原木栽培の見学  


お散歩コースの田んぼの中に、黒い遮光ネットをかぶったビニールハウスがあって、
その中で、シイタケが栽培されています。
シイタケの「原木栽培」・・・です。
IMG_7474.jpgIMG_7473.jpg

大量のシイタケの原木です。(薪ではありません・・・。)
樹種は、コナラのようです。
3月までには、これらの原木に植菌を終える予定だそうです。
IMG_7472.jpg

ハウスの方に聞いてみると、今は長野や新潟方面から購入し、運んでくるそうです。
大変な作業・・・ですねぇ。
IMG_7471.jpg

こちらでは、植菌を終えて2年目以降のホダ木を浸水しているところです。
冷たい水に浸けて刺激を与えると、シイタケ菌がビックリしてを出す・・・というわけです。
浸水時間や、水の温度によって、発生するシイタケの量や大きさを調整することができるんだそうです。
IMG_0863_201602102238048c3.jpg

歯ごたえがあって、香り、味が豊かな原木栽培のシイタケ。
鍋に入れて食べたいですねぇ~。
IMG_7554.jpgIMG_7555.jpg

2016/02/11 Thu. 06:00 [edit]

category: 田舎暮らし

tb: --   cm: 6

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top