NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

定期観察 トウキョウサンショウウオ  


59日目トウキョウサンショウウオの観察。
前脚の変化の様子をとらえました。
IMG_5896.jpg

ほら!が分かるようになってきましたよ!
IMG_5899.jpg

前脚の腕は、だいぶ長く伸びてきましたが、まだ 後ろ脚は影も形もありません。
IMG_5884.jpg

2017/04/25 Tue. 21:57 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

チュウサギの飾り羽根  


4月の水を張った田んぼに、チュウサギが戻ってきました。
・・・と言うのも、この辺では、チュウサギは冬の間はほとんど姿を見せない、夏鳥なんです。
昨年の11月以来の再会です。「おかえりなさい!」
IMG_5859.jpg

これから繁殖期になるので、食欲も旺盛です。
ここ匝瑳の水田で餌をたくさん採って食べ、ペアーを見つけて、近くのサギ山で営巣、子育てをします。
IMG_5857.jpg

ズームで寄ってみると・・・、
目の虹彩の部分が、真っ赤です!
この時期にみられる特徴で、「婚姻色」と呼ばれます。
普通は黄色っぽい目をしているので、この色合いはなかなか刺激的です。
IMG_5827.jpg IMG_5828.jpg

胸や背には、美しい飾り羽根が目立ちます。
尾羽よりもずっと長く、レースのような美しい羽根です。
IMG_5850.jpg

繁殖期のコロニー内では、がこの飾り羽根を広げて、盛んに求愛ディスプレイをします。
IMG_5836.jpg

きれいに羽づくろいして、入念な羽根のお手入れ。
優雅ですね・・・。
IMG_5842.jpg

近くには、ダイサギがいました。
ちなみに、ダイサギにも同じような飾り羽根が見られます。
ダイサギの場合、嘴の根元の鮮やかなブルーが婚姻色です。
IMG_5847.jpg

白サギの季節到来、ワクワクします!

2017/04/24 Mon. 22:23 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

トウキョウサンショウウオ 継続観察中2  

52日目トウキョウサンショウウオの観察
こんな透明ケースの中に入れて、飼育しています。
IMG_5650.jpg

全部で11匹の幼生が元気に泳ぎ回っています。
IMG_5762.jpg

真上からの撮影と、真下からの撮影。
下から見ると、内蔵が透けて見えました。
IMG_5778.jpg IMG_5777.jpg

今までと違う変化が見られましたよ!
そうです!
前脚らしきものが、生えてきたんです。
IMG_5501.jpg IMG_5507_20170417213423182.jpg

魚っぽい体に、いよいよ脚が生えてくると、両生類らしくなりますね。
今後の成長が、楽しみです!
IMG_5767.jpg
光が当たると、目が金色に光って、きれいです。

maeasi.jpg

2017/04/17 Mon. 21:56 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

トウキョウサンショウウオ 継続観察中  


2月末にトウキョウサンショウウオの卵のうを見つけてから、観察を続けています。
を発見した日から 32日目の様子です。
透明な球状の袋の中で、みんな順調に育ち、だいぶサンショウウオの形になってきました。
IMG_5261.jpg

時々ピクンと身体をくねらせる個体もいます!
袋の中で仲良く2匹、一卵性の双子もいました。
IMG_5267a.jpg IMG_5264.jpg

えらが、はっきりしてきました。
半透明な体の中に、内蔵脊椎が出来上がってきました。
IMG_5267.jpg

40日目の観察です。
えらがしっかり出来上がり、立派に幼生らしくなってきました。
背中の黒い斑点が目立つようになり、全体的に黒ずんだ体色になりました。
IMG_5399.jpg

透明な袋から飛び出して、元気に泳ぎ回る個体です。
太い尾びれを、力強く動かして、素早く泳ぎ回ることができます。
この大きな黒い目玉で、周りの世界を見ているはずです。
IMG_5404.jpg

サンショウウオの幼生に特徴的な3対のエラ(青↓)が発達しているのが分かります。
そして、目の後方には、一対のバランサー(赤↓)が付いています。
この器官は、幼生期の初期にだけみられるもので、身体の平衡を取る役割を持っているそうです。
img 5411a

img sansyouuo2

2017/04/09 Sun. 10:03 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

鴛鴦夫婦  


朝の通勤路で、「おや?」と目を引く派手派手!のカモに目がとまりました。
2羽のオシドリが、水路に浮かんでいるではありませんか。
車を止めて、大急ぎでカメラを取り出し、シャッターを切りました。
IMG_5440.jpg
ここ匝瑳で、オシドリを見たのは2回目です。
昨年の5月1日に、2羽のオシドリを確認しています。
オシドリの繁殖期には、まだちょっとだけ早いし、山間部の渓流地などで繁殖する習性をもつオシドリですから、「春の渡り」の途中なのかなぁ~と、考えられます。

橋のたもとの水路の奥に、点のように見えるのが、2羽のオシドリです。
望遠レンズで、ググーッと近寄って撮影しました。
IMG_5448a.jpg

オス(右)の色彩の美しさには、見とれてしまいます・・・。
なぜ、こんなデザインが生みだされるのか・・・と、その自然の不思議に驚かされます。
メス(左)の特徴の、白いアイリングも、きれいに撮れました。
地味ではありますが、メスには気品を感じます。
IMG_5459_2017040620491115f.jpg

オスの大きな銀杏(イチョウ)羽根も、ばっちり撮れましたよ!
これこそ、オシドリのオスのシンボル!
メスは、旦那様のきれいな羽根を見て、心奪われちゃうんでしょうね・・・。
IMG_5462.jpg   銀杏羽根
オシドリの銀杏羽根を絵に描いてみました。
軸から下は、濃い藍色
上の部分が、強く湾曲した形のオレンジ色
これまた、自然の不思議な造形です!!

IMG_5454.jpg
「もう行かなくちゃ、仕事に遅刻する・・・。」
ってわけで、短い観察時間は終了です。
また会いましょうね・・・バイバイ!

2017/04/06 Thu. 21:52 [edit]

category: 生き物

tb: --   cm: --

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top