NATURAL匝瑳!

~自然いっぱいの匝瑳の田舎暮らしと動・植物を紹介するブログ

マムシ 出た~!  

「 マ、マッ、マムシが出た~!」と、一人で大騒ぎ。
庭の湧き水のしみ出る岩の隙間に、一匹のヘビを発見しました。
模様を見るかぎり、これは毒蛇のマムシに間違いありません。
IMG_8494ww.jpg

池には、餌となるカエルがたくさん棲んでいますから、ヘビがやってくるのも当然なのですが、マムシはちょっと困ります・・・。
これまで、ヒバカリシマヘビヤマカガシ(これも毒あり)などのヘビの仲間たちを確認したことはあったのですが、マムシは今回がはじめてです。
IMG_8499ww.jpg

一人、「怖いよ~」と叫びながら・・・、
火ばさみを使って、マムシの首根っこを挟んで捕獲成功
マムシの特徴の三角の頭の形がよく分かります。
ずんぐりとした茶褐色の体に銭形の模様も覚えておくとよいポイントです。
IMG_8509ww.jpg IMG_8502ww.jpg

おっかなびっくりで、瓶の中にマムシを詰めて、ガッチリと蓋を閉めました。
フーッ、大仕事を終えた気分です。
IMG_8533ww.jpg

カエル天国の我が家の庭で、ヘビの仲間は、カエルの個体数を適度に調整してくれる存在・・・。
上空を舞うサシバなどの猛禽類を食物連鎖の頂点にして、自然界でヘビも大切な役割を担っています。
・・・と、いうことは分かっているのですが・・・、
庭仕事中に噛まれては大変なので、駆除させていただきます。
IMG_8521ww.jpg
マムシ君、ごめんなさい。

2017/07/18 Tue. 22:24 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

センダンの花  


センダンが咲いているんですが、高いところに花をつけていることが多いので、間近で観察するのがけっこう難しい・・・。
本日は、ちょうど観察しやすいセンダンの枝を見つけました。
IMG_7139aaa.jpg

花を遠くから見ると、ほんのり紫色に見える理由が分かりました。
筒状の雄しべが濃い紫色。
そして、紫色のが開くと、白い花弁の先端が、淡い紫色を帯びるんですね。
IMG_7142aaaa.jpg

雄しべが筒状になっておもしろい形です。
中に見える黄色い部分が、花粉のつく(やく)です。
筒の中央に短めの雌しべがあるはずですが、写真ではよく分かりません・・・。
IMG_7138aaa.jpg

これは、昨年秋に撮影したセンダンの果実です。
この果実が「センダン」の名称の由来になっているそうです。
aIMG_3788aaa.jpg

三井寺(滋賀県大津市)というお寺に祀られている鬼子母神。
ここでお供えされているのが、この 「千団子」
この千団子が、センダンの果実の付き方に似ている・・・ということから、「センダン」の名が付いた・・・。
そんな説があるそうです!
sendango.jpg

2017/05/31 Wed. 21:20 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

揚げ雲雀  


一年中生息する留鳥なのですが、いつもは目立たない・・・。
羽毛は褐色で、畑の色と同化して、目立たない・・・。
そんな地味な鳥 ヒバリが、にぎやかに自己アピールする季節がやってきました。
IMG_6073.jpg

とさかのような頭の羽毛、これがヒバリに特徴的な”冠羽”です。
オスがさえずる時に、この冠羽を立てることが多いようです。
IMG_6079.jpg

冠羽を立てていないと、こんな感じ・・・。
普段は、これと言って特徴のないのが、ヒバリの特徴。
IMG_6078.jpg IMG_6074.jpg

でも、求愛の季節は、おとなしくはしていられません。
さあ!オスのなわばり宣言が始まりました。
ピーチュル ピーチュル ピーチュル ・・・・・・・と、元気にさえずり始めました!
とさかは思いっきり持ち上がって、モヒカン状態です。
IMG_6271.jpg

さえずりが激しさを増し、翼を広げて小刻みに振るわせています。
周りのメスに向かってディスプレイしているのか、それともテリトリーを主張しているのか・・・。
ひとしきり地上でさえずったあと、一気に空へと飛び上がりました。
IMG_6050.jpg IMG_6051_2017050121210830c.jpg

盛んにさえずりながら、ぐんぐんと高さを増して行きます。
カメラのレンズに収めるのに一苦労・・・・。
空高く舞い上がり滑空するヒバリの飛翔、これこそが「揚げ雲雀」です!
IMG_6087.jpg
IMG_6086.jpg
IMG_6085.jpg
まで届きそうなくらい空高く飛んで、肉眼では見えなくなってしまいました・・・。

2017/05/01 Mon. 22:05 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

アケビの花  


秋になると、大きな実をつけるアケビですが、
に比べると、は意外に目立たぬ存在です。
なかなかに可憐なアケビの花を見つけました!
IMG_5342.jpg

”花”と言っても、花弁のない地味な花です。
花びら状の白い萼片が3つに分かれて開くと、中から円柱状の雌しべが出てきました。
近寄って見てみると、その先端が粘液で光っていて、ちょっとグロテスクな感じ・・・。
IMG_5348a.jpg IMG_5354.jpg

左が雌花で、右が雄花です。
見ようによっては、バナナの房のような雌しべ
そして、リンゴを6つに切り分けたような形の雄しべ
不思議なおもしろい形に・・・興奮!
IMG_5356_20170414221812379.jpg
アケビの花は、自分以外の花粉とだけ交配し、自分同士で交配しないそうです。
この性質を、「自家不和合性」と言います。
自らの株だけでは、受粉しても実がならないってこと。
近くに他の遺伝子を持った株がなければ、実をつけないってことらしいです・・・。

2017/04/14 Fri. 22:50 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

「たてもの園」で出会ったレトロな物  

江戸から昭和初期の建物が建ち並ぶ「東京江戸たてもの園」。
一軒ずつ巡り歩くと、懐かしいレトロなものに、たくさん出会えました!


昔、じいちゃんの家にこんな かまど があったなぁ~。
これでご飯を炊いたら美味しいんだろうなぁ~。
IMG_5397.jpg

古民家では 囲炉裏の火が出迎えてくれました。
あったか!でした。
IMG_5387.jpg

ここは、昭和初期の文房具屋さん。
写真じゃ、ちょっとわかりづらいけど・・、左側に多数の”引き出し”の壁。
「これ、ジブリの映画で見たことあるよね!」
「うん、ある、ある!」
それもそのはず、”千と千尋の神隠し”の背景は、これをモデルに描かれたのだそうです。
IMG_5450.jpg

懐かしい路地裏の風景。
「お醤油かして~」って感じ。
IMG_5441.jpg

空き地には土管
これは、「ドラえも~ん」って感じ。
IMG_5452.jpg

チャリンコ・リヤカー
欲しいかも。
IMG_5435.jpg

明日は、「たてもの園」で見た樹木編です。

2015/12/23 Wed. 06:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 4

過去ログ(月別アーカイブ)

プロフィール

カッコかわいいコチョウゲン

美人カワセミ

憂鬱ガエル

ミズモンアオガエル(仮称)

落ちそーガエル

ソウササンショウウオ(仮称)

カテゴリーリスト

訪問者数

カレンダー

自動翻訳

検索フォーム


▲Page top